超かんたん!マッサージ

エイ出版社から発売中「超かんたん!マッサージ」

監修させていただきました。

いや、この写真。なんともやる気ない笑
モデルの撮影の時についでって感じの流れになってしまったので、ほぼ寝巻きの様なカッコ^^;
僕の撮影もあるとは思ってなかったからね笑

さて、肝心の内容ですが、それぞれの症状に関しての

  • セルフマッサージ
  • 足のリフレクソロジー
  • 手のリフレクソロジー
  • ストレッチ

が図解でわかる様になっています。

手のリフレクソロジーに関して
手の反射区は実は大きく分けて2種類あり、下の図の反射区がメジャーなのですが

これは足の反射区をまんまコピーした様な感じで
僕は、この反射区は「ちょっと違うなー」と日々感じていて、
もう一つのあまりメジャーではない反射区を採用しています(詳しくは本を見てね)

その反射区は簡単に言えば下の写真の感じ

この写真の様に、手を四つ這いの身体それぞれのパーツに置き換えます。
そうすると

  • 中指が首から頭
  • 親指が右足
  • 人差し指が右手
  • 薬指が左手
  • 小指が左足
  • 手の甲が背中
  • 手のひらがお腹

になるわけです。

これは実は東洋医学のツボととても近い関係にあり

落枕(ラクチン)という寝違いにとてもよく効くツボ や
腰腿点(ヨウタイテン)というギックリ腰に使うツボ

この反射区ならそれぞれ頚や腰の場所になり、合点がいきます。

それが先ほどの反射区だと、「なんのこっちゃ!?」な場所になってしまう訳ですね。

一つ注意点。
手のリフレクソロジーは、足と違ってグリグリ強くやらないでくださいね。神経を傷つけて大変なことになっちゃうかもしれません。優しく揉んだりつまんだりがいい感じです。

今回モデルは、ビーチバレーの西堀選手にお願いしました。
そして、手足のモデルは弊社アドバイザーのトヨ(豊田玲子)が担当しています。

全国のセブンイレブンに並びますので、ぜひ手に取ってみてください。

投稿者プロフィール

石井 隆行
株式会社アスリートネット湘南 代表取締役

1969年静岡県伊東市生まれ
静岡大学教育学部卒業
呉竹鍼灸専門学校卒業
  
針師・灸師・あん摩マッサージ指圧師、NSCA CSCS、小学校教員免許状、中学校保健体育教員免許状、加圧トレーニング特定資格者・加圧トレーニングスペシャリスト、ケトジェニックアドバイザー、ライフキネティックパーソナルトレーナー、スキンストレッチ主任講師、ほか・・・

静岡大学在籍時、「資格」も「技術」も「コネ」もない状態にもかかわらず
「オリンピックに選手を連れていく!」と豪語。
当時珍しい学生トレーナーの先駆者となるが、医療国家資格を持たない者が、選手の身体を触るのがご法度であった当時、テーピングを巻くどころかパートナーストレッチをする程度でも「あいつは資格を持っているのか?」と陰口をたたかれ、資格を取る事を決意。大学卒業後、鍼灸マッサージの専門学校へ通う。
専門学校在学中に、スポーツ界では「応急処置や緊急時に資格なんていってられないだろ」という風潮が高まり、そこから済し崩し的に、卒業時には「誰でも」選手の身体を触ってもよい様な状況になっていた。
そんな状況に嫌気をさしつつも、自身の大学時代に専攻していたバイオメカニクスと手技療法を組み合わせた独自の手法が評判を呼び、「本当に信頼できる身体のスペシャリスト」と多くのアスリートから信頼を獲得、1996年のアトランタ五輪より5大会連続でクライアントのオリンピック出場に貢献する。

現在「株式会社アスリートネット湘南」での活動を生業としつつ、
大学時代に描いたその夢を叶えながら、更に大幅修正を加え、現在に至る。
PAGE TOP