充実した週末

先週末の6月17日(日)は日産スタジアム内にある横浜スポーツケアセンターでスキンストレッチのレベル1・レベル2セミナーでした。

これまでのセミナー出席者の最年少は中学2年生の女子陸上選手でしたが、今回はそれを上回る小学4年生6年生のスイマー姉妹!

小学4年生6年生姉妹

熱心にメモをとり、小学生には少しショッキングかとも思える解剖のビデオもしっかりとみて、しっかりとスキンストレッチをマスターしていきました。

レベル2の実技までしっかりマスター

この時期からセルフケアの重要性を理解できることは貴重ですね。一緒に参加されたお父様の意識がとても高く、スキンストレッチを取り入れることで日常の練習の質も上げることが出来ると喜んでいられました。

そして、このセミナーがあったため観戦に行けませんでしたが、同じ日に村越優汰選手のK-1 WORLD GP 第2代フェザー級王座決定トーナメントがさいたまスーパーアリーナで行われました。

村越選手は1回戦準決勝ともに延長ラウンドまでもつれる展開。ワンデイトーナメントでは、なるべく早いラウンドで決着をつけ体力を温存できた方が有利です。
しかし村越選手はこういった展開も想定し、平スポの高地トレーニング専門スタジオ「Koach」で、徹底したスタミナ対策をしてきました。その甲斐もあってか、決勝はなんと1ラウンドTKO勝利!
見事 K-1のフェザー級チャンピオンのベルトを獲りました!

格闘技選手に対する低酸素トレーニングの効果も見事に証明してくれました。

村越選手、本当におめでとう!
試合後のインタビューでK-1の3階級制覇の絶対王者Takeru選手に挑戦表明をしました。

これからの村越選手にも注目です。

投稿者プロフィール

石井 隆行
株式会社アスリートネット湘南 代表取締役

1969年静岡県伊東市生まれ
静岡大学教育学部卒業
呉竹鍼灸専門学校卒業
  
針師・灸師・あん摩マッサージ指圧師、NSCA CSCS、小学校教員免許状、中学校保健体育教員免許状、加圧トレーニング特定資格者・加圧トレーニングスペシャリスト、ケトジェニックアドバイザー、ライフキネティックパーソナルトレーナー、スキンストレッチ主任講師、ほか・・・

静岡大学在籍時、「資格」も「技術」も「コネ」もない状態にもかかわらず
「オリンピックに選手を連れていく!」と豪語。
当時珍しい学生トレーナーの先駆者となるが、医療国家資格を持たない者が、選手の身体を触るのがご法度であった当時、テーピングを巻くどころかパートナーストレッチをする程度でも「あいつは資格を持っているのか?」と陰口をたたかれ、資格を取る事を決意。大学卒業後、鍼灸マッサージの専門学校へ通う。
専門学校在学中に、スポーツ界では「応急処置や緊急時に資格なんていってられないだろ」という風潮が高まり、そこから済し崩し的に、卒業時には「誰でも」選手の身体を触ってもよい様な状況になっていた。
そんな状況に嫌気をさしつつも、自身の大学時代に専攻していたバイオメカニクスと手技療法を組み合わせた独自の手法が評判を呼び、「本当に信頼できる身体のスペシャリスト」と多くのアスリートから信頼を獲得、1996年のアトランタ五輪より5大会連続でクライアントのオリンピック出場に貢献する。

現在「株式会社アスリートネット湘南」での活動を生業としつつ、
大学時代に描いたその夢を叶えながら、更に大幅修正を加え、現在に至る。

関連記事

  1. ワールドツアー初優勝! ビーチバレー溝江橋本ペア

  2. 最近「フラクトオリゴ糖」を摂りはじめました!

  3. もうすぐオリジナルサプリメントを発売します。

  4. 荷物の置き場所

  5. 久しぶりに選手情報!

  6. スキンストレッチセミナー終了しました

  7. モアレポトグラフィ

  8. バーベルジャッキを作ってみた

PAGE TOP