60歳までバク宙出来る身体でいるために

僕は現在51歳なのですが結構周りの人からは若く見られるんですね。
なので今回は個人的な若さを保つ為に気をつけている事を紹介したいと思います。

スポーツでは心技体とよく言われますが、アンチエイジングに大切なのは心体食。

心、心の若さ 氣持ちが若くないと若さは保てないです。もう年だからとか、周りの人に年取ってるんだから無理しちゃだめだよとか足を引っ張られたりしている状態だとやっぱり若さは保てない。

体、身体の若さ。この中にはその人なりのやらなくてはいけない事も含まれますのでもしかしたら心技体の技も入っているかもしれません。とても個人差が大きい部分

そして食、特に年齢を重ねてくると、身体を満たす栄養素は必要だけど、
「何を取るか」より、
「何を摂らないか」
何を排除しなくては行けないかを徹底したほうがいいです。

煙草の害が何を食べても帳消しにすることが出来ないのと同じです。悪いものを身体に入れないことがとても大事。

で今日は特に僕が普段考えている体の部分を紹介していきたいと思います。

自分の身体がどの程度衰えているか変化を普段感じるためには、そのための物差しが必要です。
一番簡単な物差しが体重測定。運動してないのに太るのであれば自分の身体を動かすのが大変になるし、理由もないのに体重が落ちていけば、筋力が落ちているのか、はたまた病気かもしれない。とにかくそういった物差しになるものを持っていたほうがよいです。

そして僕のこの身体を保つための大きな物差しを紹介します。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、僕は数年前から年に1回だけ、誕生日の日にバク宙をしていて、その動画をSNSにあげています。

僕はこうみえて現在51歳の結構のオッサンです。やはり体力の衰えは感じているのですが、それに対抗するため、いまは70歳までバク宙できる身体でいることを目標としています。

少し前まで60歳を目標にしていたのですが、50歳を超えて、なんとなく60までは行けそうな気がしてきたので70歳までと目標を上方修正しました。

で、なんで年に1回しかやらないかというと、多分定期的に練習しておけば出来てしまうと思うんですよね。でもこれは毎日やるから自分の身体がどう変化しているのかわからない。でも僕は70歳までバク宙ができることが目標なのではなく、70歳までバク宙できる身体でいることが目標。毎日やるのではなく、たまにしかやらないことで、バク宙が僕の身体の物差しになります。

続きはyoutubeで

投稿者プロフィール

石井 隆行
株式会社アスリートネット湘南 代表取締役
「平塚スポーツケアセンター」「海老名トレーニングスタジオANS」「高地トレーニング専門スタジオKoach」マグネシウムスポーツローションの「パフォーマンスドクター」他多数展開


1969年静岡県伊東市生まれ
静岡大学教育学部卒業
呉竹鍼灸専門学校卒業
  
針師・灸師・あん摩マッサージ指圧師、NSCA CSCS、小学校教員免許状、中学校保健体育教員免許状、加圧トレーニング特定資格者・加圧トレーニングスペシャリスト、ライフキネティックパーソナルトレーナー、スキンストレッチセミナーメイン講師、ほか・・・

静岡大学在籍時、「資格」も「技術」も「コネ」もない状態にもかかわらず
「オリンピックに選手を連れていく!」と豪語。
当時珍しい学生トレーナーの先駆者となるが、医療国家資格を持たない者が、選手の身体を触るのがご法度であった当時、テーピングを巻くどころかパートナーストレッチをする程度でも「あいつは資格を持っているのか?」と陰口をたたかれ、資格を取る事を決意。大学卒業後、鍼灸マッサージの専門学校へ通う。
専門学校在学中に、スポーツ界では「応急処置や緊急時に資格なんていってられないだろ」という風潮が高まり、そこから済し崩し的に、卒業時には「誰でも」選手の身体を触ってもよい様な状況になっていた。
そんな状況に嫌気をさしつつも、自身の大学時代に専攻していたバイオメカニクスと手技療法を組み合わせた独自の手法が評判を呼び、「本当に信頼できる身体のスペシャリスト」と多くのアスリートから信頼を獲得、1996年のアトランタ五輪より5大会連続でクライアントのオリンピック出場に貢献する。

現在「株式会社アスリートネット湘南」での活動を生業としつつ、
大学時代に描いたその夢を叶えながら、更に大幅修正を加え、現在に至る。

関連記事

  1. スタッフの新井拡子が世界選手権優勝!

  2. スキンストレッチ施術時のツールを持たない手の使い方について

  3. 高タンパクでグルテンフリーなお好み焼き

  4. バーベルジャッキ改良版 完成!

  5. ベンチプレス再チャレンジ

    1年3ヶ月ぶりにベンチプレスしたら120kgで潰れてあまりに悔しかった…

  6. 最近「フラクトオリゴ糖」を摂りはじめました!

  7. リストストラップの持ち方

  8. 荷物の置き場所

PAGE TOP