緊急事態宣言発令に伴う弊社の対応に関しまして

平素より弊社関連施設をご利用いただき誠に誠にありがとうございます。

1月7日(木)、政府より東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を対象とした緊急事態宣言が発令されました。発令に伴う弊社の対応につきましては、政府や各自治体からの今後の発表に基づき、決定次第各店ホームページにてご案内いたします。

現時点ではフィットネスクラブ等屋内運動施設への休業要請は出ていないため株式会社アスリートネット湘南系列全店は通常通り営業致します。

今後も政府ならびに地方自治体からの指導に倣い、感染防止対策を最大限実施の上、運営してまいります。

株式会社アスリートネット湘南
 平塚スポーツケアセンター
 トレーニングスタジオANS.
 会員制高地トレーニング専門スタジオKoach
 パフォーマンスドクター
 低酸素トレーニングシステムズ

投稿者プロフィール

石井 隆行
株式会社アスリートネット湘南 代表取締役
「平塚スポーツケアセンター」「海老名トレーニングスタジオANS」「高地トレーニング専門スタジオKoach」マグネシウムスポーツローションの「パフォーマンスドクター」他多数展開


1969年静岡県伊東市生まれ
静岡大学教育学部卒業
呉竹鍼灸専門学校卒業
  
針師・灸師・あん摩マッサージ指圧師、NSCA CSCS、小学校教員免許状、中学校保健体育教員免許状、加圧トレーニング特定資格者・加圧トレーニングスペシャリスト、ライフキネティックパーソナルトレーナー、スキンストレッチセミナーメイン講師、ほか・・・

静岡大学在籍時、「資格」も「技術」も「コネ」もない状態にもかかわらず
「オリンピックに選手を連れていく!」と豪語。
当時珍しい学生トレーナーの先駆者となるが、医療国家資格を持たない者が、選手の身体を触るのがご法度であった当時、テーピングを巻くどころかパートナーストレッチをする程度でも「あいつは資格を持っているのか?」と陰口をたたかれ、資格を取る事を決意。大学卒業後、鍼灸マッサージの専門学校へ通う。
専門学校在学中に、スポーツ界では「応急処置や緊急時に資格なんていってられないだろ」という風潮が高まり、そこから済し崩し的に、卒業時には「誰でも」選手の身体を触ってもよい様な状況になっていた。
そんな状況に嫌気をさしつつも、自身の大学時代に専攻していたバイオメカニクスと手技療法を組み合わせた独自の手法が評判を呼び、「本当に信頼できる身体のスペシャリスト」と多くのアスリートから信頼を獲得、1996年のアトランタ五輪より5大会連続でクライアントのオリンピック出場に貢献する。

現在「株式会社アスリートネット湘南」での活動を生業としつつ、
大学時代に描いたその夢を叶えながら、更に大幅修正を加え、現在に至る。

関連記事

  1. もう一つの顔? 日曜日はスキンストレッチの奥義を極めるレベル3セミナー…

  2. スキンストレッチ施術時のツールを持たない手の使い方について

  3. 60歳までバク宙出来る身体でいるために

  4. 荷物の置き場所

  5. ホームページリニューアル作業

  6. 高タンパクでグルテンフリーなお好み焼き

  7. 拇趾球重心の作り方のブログを書いてからもうすぐ10年になろうとしていま…

  8. 自宅や公園で出来るトレーニング動画を公開中

PAGE TOP